青幻舎ビジュアル文库シリーズ

色彩?染织?工芸?絵画?イラスト― 日本の优れた伝统文化、芸术を 文库版に収録した好评のシリーズ。

  • ロシアの装饰文様

    ビザンチン様式の华丽なる変迁

    平安时代から明治初期にかけて描かれた妖怪画(絵巻物)を豊富に掲载し、その大衆性や戯画的表现から、これまで美术史においてはほとんど试みられることのなかった妖怪画の祖型をたどり、その系谱を読み解く。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 妖怪万画 第1巻

    妖怪たちの竞演编

    平安时代から明治初期にかけて描かれた妖怪画(絵巻物)を豊富に掲载し、その大衆性や戯画的表现から、これまで美术史においてはほとんど试みられることのなかった妖怪画の祖型をたどり、その系谱を読み解く。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 妖怪万画 第2巻

    絵师たちの竞演编

    戯画的表现に富んで讽刺がきいた妖怪画は、大衆たちに圧倒的な支持を得た、いわば江戸时代のサブカルチャー。葛饰北斎や歌川国芳、河锅暁斎を笔头に、人気絵师がこぞって描いた妖怪画(浮世絵)を満载。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 缶诘ラベルコレクション

    MADE IN JAPAN

    本书では、明治10年から昭和期にかけて印刷された国内?输出用の缶诘ラベル约550点を収载しています。制作时より数十年を経たいまなお新鲜な魅力に溢れる、缶诘ラベルの往时の商业デザインをお楽しみください。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 昭和ちびっこ未来画报

    - ぼくらの21世纪 -

    昭和の子供たちが空想した、懐かしの21世纪像。月旅行?宇宙都市?终末论―イラストに描かれたトンデモ未来とは!?「暮らし」「交通」「ロボット」「コンピューター」「宇宙」「终末」のジャンル别绍介。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 北斎漫画 第一巻

    永田生慈解説

    第一巻は「江戸百态」として?市井に暮らす人々の姿や风俗?生活用具や建物など?江戸の日常を描いた図版を総集。「人物絵监」「日常茶饭」「动态活写」「道具百科」の4つのカテゴリーで构成。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 北斎漫画 第二巻

    永田生慈解説

    第二巻の「森罗万象」では?动物?植物?名所?名胜といった风景から雨や风といった気象など?主に自然を描いた図版を収録。「鸟獣虫鱼」「山川草木」「波浪流水」「天地造化」の4つのカテゴリーで构成。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 北斎漫画 第三巻

    永田生慈解説

    第三巻の「奇想天外」では?和汉の故事や伝説?芝居の名场面や宗教的画题?幽霊?妖怪といった幻想的な世界を中心に収録。「狂态百出」「故事拾遗」「百鬼図会」「神仏风姿」の4つのカテゴリーで构成。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • <新版>日本の伝统色

    ―その色名と色调

    色彩学の権威である着者が、古文献、古裂などの典拠を彻底研究。季节感あふれる伝统色が目に见える「色」として苏った、画期的な名着。全225色カラーチップ付

    中面を见る>
    详细を见る>

  • <新版>かさねの色目

    ―平安の配彩美

    十二単など平安の装束に见られる衣色の配合260色余种をビジュアルで再现。平安人の「季」に寄せる繊细な美的感覚と、その配色の妙を表す。カラーチップ付

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 配色事典

    ―大正?昭和の色彩ノート

    大正~昭和初期において?いち早く色彩の必要性に着目した和田三造の名着「配色総监」を新装?改订版として复刻。具体的な配色パターンを表した新鲜な「配色见本帖」。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 桜さくら

    ?

    日本人がこよなく爱する桜の花を名画にたどり、意匠の中に见出した、美しい桜尽くしの本。先人が桜に寄せた美意识と造诣の粋。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 江戸千代纸

    ?

    当初は浮世絵师によって描かれた千代纸の図案。桜あり、红叶あり、牡丹、秋草、雪の结晶など四季が匂い立つ斩新な美しさに彩られた一册。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 千社札

    ―二代目銭屋又兵卫コレクション

    千社札は、江戸の美学である粋と洒落の精神が生んだグラフィックデザイン。文字と浮世絵を独自に融合させた约400佳品を収载。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 印半缠

    ?

    江戸の粋を象徴する祭りと印半缠。祭半缠、火消し半缠、仕事半缠など、色とりどりの印半缠约500点を一挙収载。江戸文化の洗练と心意気を临场感たっぷりに构成。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本の家纹

    ?

    家纹は平安时代以降、日本の家の由来や家系を表すものとして、代々伝えられてきた「しるし」。全4560种をモチーフ别に収録した决定版。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 能のデザイン

    ?

    日本人の美意识の高さを示す能装束の世界。精致な彩色木版画(明治期)より、能面、能衣装、楽器など、多彩な能の様式美を绍介。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 小袖雏型

    ?

    江戸时代、阶层を问わず多くの女性が着用した小袖。呉服屋では仕立ての见本帖として使用された「雏型本」を复刻。江戸の流行が手に取るように伝わる好着。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本の古典装饰

    ―天平から江戸の时代様式にみる

    东大寺、法隆寺、正仓院御物など、歴史の动向と民衆の営为が生み出した代表的な装饰文様を集成。古代から近世までを5つの时代に分けて通観。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 染と织の文様

    ?

    江戸から大正にかけての着物文様250点を集成。辻が花染、茶屋染、更纱など、日本の染织文化の粋を色鲜やかに缲り広げます。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 铭仙万华镜

    ―レトロモダンな文様の魅力

    大正から昭和初期にかけて、気軽なおしゃれ着として大流行した铭仙着物。伊势崎铭仙を中心に、昭和30年代の优品200余点を多彩に収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 长襦袢

    ―和ごころを楽しむ日本のお洒落

    隠された和装の楽しみ「长じゅばん」を知るはじめての一册。京都の友禅职人により受け継がれた型纸のなかから优品180点を収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • <新版>和更纱

    ?

    南蛮贸易によってもたらされた「渡りの更纱」。その异国情绪に见るハイカラとわが国伝统纹様との融合が生み出した、风趣あふれる「和更纱」约1300点を収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 琉球红型

    ?

    红型は、鲜烈な色彩と、自由奔放に自然を形象化したリズミカルな文様を特徴としています。本书は、尚家伝来の高贵な衣裳や鎌仓芳太郎コレクションの多彩な裂地を集成。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 琉球の型纸

    ?

    冲縄の光と美しい自然が育んだ染物、琉球红型。本书は、红型に使用された约200点の贵重な型纸を収録。时代の文化と技を绍介します。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本の染型

    ?

    奈良时代には既に相当の発展をみたといわれる型纸。至高の职人技が生み出す、繊丽にして力强い「伊势型纸」の文様を多数収録しました。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 切り絵の世界

    ?

    中国の切り絵は剪纸(せんし)と呼ばれ、とくに中国の农村に长く伝承されてきました。动物、花、人物、景色など、身近なものへの爱情と繁栄を愿う心が吉祥や瑞兆の図案に见事に结実されました。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本の染织1 絣

    ?

    素材や技法の多様さにおいて、豊かな美しさを备えた日本の絣。本书では、蓝染めの木绵絣、萨摩白絣などをはじめ、铭仙絣や絵絣などを约600点収载しました。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本の染织2 缟?格子

    ?

    江戸の粋と呼応して人々に爱好された缟や格子は、惊くほどモダン。木绵缟や黄八丈、芭蕉布など约800点の优品を収载しました。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • ヴィンテージ?チェック

    ?

    マドラス?チェック、プロバンス?チェック、ブランケット?チェックなど世界の布地约200点を収録。モードやファッション研究に必携の好书。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • ヴィンテージ?ストライプ

    ?

    マリーン?ストライプ、ピン?ストライプ、チョーク?ストライプなど、本书では、おもにファッションマテリアルとして用いられた、约 200 点に及ぶヴィンテージの布を多彩に绍介。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 昭和ちびっこ広告手帐

    ?

    「鉄腕アトム」「オバケのQ太郎」「ウルトラマン」などで人気を博した昭和40年代前半の児童向け雑志。その志面を彩った子供向け杰作広告300余点を再现収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 昭和ちびっこ広告手帐2

    ?

    昭和40年代後半の《ちびっこ広告》杰作选!「あしたのジョー」「巨人の星」「タイガーマスク」など、少年少女たちの好奇心をも浮き雕りにさせる贵重な资料集。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本の商业デザイン

    ―大正?昭和のエポック

    大正~昭和にかけての商业デザイン约200点を収録。看板、ポスター、パッケージなどデザインのレトロな雰囲気と色褪せない魅力をお楽しみください。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 20世纪の商业デザイン

    ―アール?デコから现代まで

    20世纪前半~中期に制作された色鲜やかなポスターや広告などを幅広く収録。コンピューター导入以前のデザインは、斩新さと豊かさを感じさせます。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 世界図案百科

    ―古代ギリシャから
     アール?ヌーヴォーまで

    メソポタミア、エジプトなど文明の発祥から、アール?ヌーヴォーに至るまでを网罗。ヨーロッパ、东南アジア、中南米ほか、古今东西の文様约3200点を収録しました。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • ニッポンの伝承デザイン

    ―イラストカットに见る図像のかたち

    我が国の古代、中世から近代に至るまで、ありとあらゆる人工物が収録された画期的なデザイン事典。戦国武将関连だけで483点、楽器だけでも66点。総数,3,200点を収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 文様别 そば猪口図监

    ?

    荞麦猪口の絵模様1000余种?文様别に集大成。有田?波佐见?锅岛?柿右卫门などの古伊万里を中心に?瀬戸?美浓?砥部?出石?会津本郷なども网罗。制作年代表记。釉薬や技法?産地?底の特徴などの作品データも记载。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 楽しい小皿

    ?

    诸国名物を描いた风雅な皿や、异国情绪あふれる皿。とりどりの形を楽しむ型物皿に、斩新な意匠の丸皿など。小皿豆皿の逸品约700点を収载。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 世界の装饰タイル

    ―建筑装饰を彩る文様の世界

    古代オリエントを起源として、イスラムやヨーロッパに発展した装饰タイル。イズニック、マジョルカ、デルフトなど様々なタイルを収録。
    监修:世界のタイル博物馆

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 陶芸の文様

    ?

    明治から大正にかけて描かれた色絵磁器の下絵、约200点を収録。様々に描かれた文様は、近代色絵磁器の倾向を知る上で贵重な一册です。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 古伊万里入门

    ―珠玉の名陶を访ねて

    初期伊万里、古九谷、柿右卫门、锅岛、金栏手、染付など、优品300余点を一挙収载。伊万里焼の発展の歴史を辿ります。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 原色 生きもの百科

    ?

    日本生物画の第一人者が描く生きものの世界。生きものをみつめる畏敬の念と温かなまなざしに満ちた繊细な笔致の生物画约1100种を掲载しました。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • <新版>日本の文様 第一集

    ―刺繍図案に见る古典装饰のすべて

    伝统の手仕事として优雅に育まれてきた繍の技。その図案の数々は装饰文化の粋といえます。四季の花鸟や?丸纹、唐草、洋风模様などテーマごとに収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • <新版>日本の文様 第二集

    ―刺繍図案に见る古典装饰のすべて

    伝统の手仕事として优雅に育まれてきた繍の技。その図案の数々は装饰文化の粋といえます。四季の花鸟や?丸纹、唐草、洋风模様などテーマごとに収録。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本织文集成1巻
    「草木花卉」编

    原本は幻の名着とされる「织文类纂」。古来より珍重されてきた有织故実文様や名物裂、渡来裂など、织物の名品を収録。わが国の染织文化の粋を色鲜やかに绍介します。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本织文集成 2巻
    「禽獣虫鱼」编

    原本は幻の名着とされる「织文类纂」。古来より珍重されてきた有织故実文様や名物裂、渡来裂など、织物の名品を収録。わが国の染织文化の粋を色鲜やかに绍介します。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 日本织文集成3巻
    「天象器物」编

    原本は幻の名着とされる「织文类纂」。古来より珍重されてきた有织故実文様や名物裂、渡来裂など、织物の名品を収録。わが国の染织文化の粋を色鲜やかに绍介します。

    中面を见る>
    详细を见る>

  • 王朝の香り

    ―现代の源氏物语絵とエッセイ

    「源氏物语」五十四帖に因み、京都画坛を代表する54名の画家と、各国の识者54名のエッセイが织り成す絵物语。

    中面を见る>
    详细を见る>