restaurant eatripの野村友里とthe little shop of flowersの壱岐ゆかり、东京?明治神宫前の同じ敷地に隣り合わせでともに歩んできた2人が、まだ见ぬ日本を求めて旅をした。アルバムのような料理と装花のドキュメント?ブック。

News

Generic placeholder image

『TASTY OF LIFE』発売记念 イベント
TASTY OF LIFE NEMURO

● 日时:2019年7月8日(月)
19:00?21:00
● 会场 : 代官山 茑屋书店
● ゲスト? :古川広道(ジュエリーデザイナー)
● 参加费:5,000円
食事と1ドリンク
(2杯目以降はキャッシュオンとなります)
● 予约制

      

Generic placeholder image

『TASTY OF LIFE』発売记念
制作ドキュメントトークイベント
-『TASTY OF LIFE』という 旅を终えて

●日时:2019年6月19日(水)19:00~20:30
●会场 : restaurant eatrip
● 出演者 :野村友里さん、壱岐ゆかりさん、 水谷太郎さん、 峯崎ノリテルさん、石田エリさん

プロローグ

restaurant eatripとthe little shop of flowers、东京?明治神宫前の同じ敷地に隣り合わせでともに歩んできた私たちにとって、この本づくりは、料理と花というすぐに消えてなくなるものと日々向き合い、远く离れた土地へと赴き、これまでお互いに何をどう见て感じてきたのかを、ひとつの形にまとめながら确かめ合う作业でもあった。

——野村友里、壱岐ゆかり

free Template by uicookies.com free Template by uicookies.com

着者

野村友里

料理人。「eatrip」主宰。おもてなしの教室を开く母の影响を受けて料理の道に。主な活动にケータリングの演出、料理教室、雑志の连载、ラジオのパーソナリティなど。日本の四季折々を表す料理やしつらえ、客人をもてなす心をベースに、食を通じてさまざまな角度から人や场所、ものをつなげ、広げる活动を行う。2018年12月には、青山「スパイラル」にて、“食べない”食のライブパフォーマンス公演『食の鼓动?inner eatrip』を企画?演出。近着に、『春夏秋冬おいしい手帖』(マガジンハウス)、『Tokyo Eatrip』(讲谈社)がある。

2009年、初の监督作品『eatrip』を公开、世界5カ国で上映。2010年ごろより、アメリカ?バークレーで1971年から続くレストラン「シェ?パニース」と亲交を持つようになり、2012年、东京?原宿に「restaurant eatrip」をオープン。

2018年12月には、青山「スパイラル」にて、“食べない”食のライブパフォーマンス公演『食の鼓动?inner eatrip』を企画?演出。近着に、『春夏秋冬おいしい手帖』(マガジンハウス)、『Tokyo Eatrip』(讲谈社)がある。

instagram>>

壱岐ゆかり

花屋。「the little shop of flowers」主宰。2010年8月、周末だけの花屋「the little shop of flowers」をオープン。2013年3月、「restaurant eatrip」とともに现在の原宿に移転。日々の小さな赠りものの提案から展示会やパーティ、结婚式の装饰?演出などを独自のスタイルで展开する。

2015年には、ロサンゼルスの陶芸家、アダム?シルヴァーマンのスタジオでエキシビジョンを开催。2016年、原宿キャットストリートの「6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」内に2号店をオープン。2019年11月、「渋谷パルコ」にて花とバーの3号店をオープン予定。

instagram>>

制作メンバー

写真

水谷太郎

1975年东京都生まれ。东京工芸大学芸术学部卒业後、写真家としてファッション、コマーシャルフォト撮影を中心に活动。また写真家活动として多数の展覧会を开催している。 作品集に『Here Comes The Blues』(2012)、『STILL SCAPE』(2015)。2017年、UNDERCOVER写真集『Chaos / Balance』を発売し、ローンチイベントとしてBOOKMARC TOKYOにて展示。

アートディレクション

峯崎ノリテル

1976年箱根生まれ。アートディレクター ((STUDIO)) 主催。书籍、雑志、CD、ポスター、パッケージデザイン等のディレクション、デザインやアートワークを手がける。

编集

石田エリ

编集?ライター。オルタナティブなライフスタイルを考える雑志『ecocolo』编集长を経て、2015年よりフリーランスに。食や旅、文化を中心に编集?执笔活动を行う。编集を手がけた书籍に『野生のベリージャム』(小岛圣/青幻舎)、『Tokyo Eatrip』(野村友里/讲谈社)などがある。

TASTY OF LIFE

フードクリエイティブチーム〈eatrip〉を主宰しながら、雑志の连载やラジオのパーソナリティを务めるなど、料理人の枠を超えて活动する料理家?野村友里。プレス业を経て花屋に転身した异色の経歴を持ち、アトリエ兼店舗〈the little shop of flowers〉を轴にさまざまな场で装花を手がける壱岐ゆかり。 本书は10年来のビジネスパートナーであり、现在、东京?原宿の郁苍とした树々に囲まれた一轩家で、レストラン〈restaurant eatrip〉と、その庭で花屋〈the little shop of flowers〉を営む2人による初めての本です。

これまで、さまざまな土地を旅し、その土地の风土、文化、人々の営みや思いに影响を受けながら料理?装花をしてきた二人が本书で访れたのは、金沢、根室、鎌仓、軽井沢、4つの土地と4つの季节。 その土地を深く知る人たちとの交流の中で、この时、この场所でしかない植物?食材との出合いを料理と装花で形にしていきました。

彼女たちが心を动かされた瞬间の景色を写真に切り取り、访れた先で出合った植物の知识や、料理の话、レシピ、言叶を交えた、この时にしか表すことのできない、たった一つのアルバムのような一册です。

発売:2019年5月末
书名:TASTY OF LIFE
着者:野村友里、壱岐ゆかり
判型:B5変型
総页:212页
定価:本体5, 000円+税
ISBN:978-4-86152-740-1 C0072

         

推荐コメント

“2人の女性の生业は、その空间から歌のように消えてゆく。 动く心に耳を澄ませて、子どものように真剣に。 ページをめくっていくと、小さい顷の自分が一绪になってドキドキしているのを感じた。 そしてこの旅の、2人の歌声を聴いた人たちのことを想った”

— 市川実日子(俳优)

“Tasty of Life lets us, the viewers, share in the deep friendships between the earth, the farmer, the fisherman, the forager, the chef and the florist. I love this book.”
— Tasty of Life—食を纺ぎ野花で缀るふたりが、大地と触れあい、农家の人々や渔师、食を求める者たちと友情を交わす旅へと私たちを诱ってくれる。

— Adam Silverman