青幻舎マガジン

CONTENTS

Life is 滑稽 ナンセンスな日々 铃木裕之

「かわいい」や「脱力」では计れない、ナンセンスな世界を日々描き出す、极北イラストレーター?铃木裕之。
电気グルーヴの石野卓球氏による「なんて言うか色々と意味无かったです(黒目がちで)」という帯コメントをひっさげて2012年11月に、作品集『ナンセンス図画帖』を刊行。 日常と非日常のすき间にあそぶ、日々のあれこれを书き下ろしの一コマ画で连载します。

记事を読む

Life is 滑稽 ナンセンスな日々 铃木裕之

东京新景 Risen in the East 佐藤信太郎

黄昏时に浮かぶ幻惑的な都市の姿や、歴史が几层にも交错する东京の「今」を新たな视点で撮影する写真家?佐藤信太郎。2年半にも及ぶ歳月をかけて撮影された东京スカイツリーと东京下町の风景と街并み。2012年1月、话题必至の最新作『东京|天空树 Risen in the East』を刊行。着者が选んだ一枚ごとの写真に自らのテキストを添えて绍介します。
(写真/文 佐藤信太郎)

记事を読む

东京新景 Risen in the East 佐藤信太郎

写真が语ってくれること

産経新闻文化部编集委员として幅広く取材、文化面にて连载企画を担当する一方、写真に造诣が深いことでも知られている筱原知存さん。本连载では、笔者が最近强く関心を持った写真展、あるいは写真家への取材を通じて、写真が语りかけてくる、その魅力について探ります。
(取材/文 筱原知存)

记事を読む

写真が语ってくれること

京都/拠点:work & life in Kyoto

歴史と伝统の街、芸能の街、観光の街……。さまざまな文化を包含する现代の京の街には、伝统工芸からベンチャービジネスまで、ありとあらゆるお仕事が息づいています。そこに情热を注ぐ、若き京の仕事人たちをご绍介します。彼らがその道を选んだきっかけから、生き様、业界の未来まで。多彩なお仕事から眺める现代の京絵巻をご覧あれ。
(企画/文 山口纪子、山田凉子)

记事を読む

↑TOPへ戻る