イベント

目黒区美术馆「村野藤吾の建筑 模型が语る豊饶な世界」展

日本を代表する建筑家の一人、村野藤吾(1891-1984)は、戦前戦後を通して幅広く多様な建筑を数多く设计しました。村野は住まう人々、集う人々に対して建筑はいかにあるべきか、向き合うべきかを常に考え、时代の流行に乗ることのない、ゆるぎない独自の理论を展开したと言えます。その姿势から生まれた建筑は、きめ细かい配虑による密度のあるディテールと豊かな素材感、そして有机的な优しさと品格を备えています。

本展は、京都工芸繊维大学美术工芸资料馆、村野藤吾の设计研究会との共同企画として准备を进め、その村野建筑模型80点余を中心に构成するものです。100分の1、200分の1で制作された模型は、村野建筑の魅力を、ディテールからマクロ的なスケールへとさまざまな视线から伝えてくれます。そして同大学美术工芸资料馆所蔵の建筑设计図や写真を加え、普段では见ることができない视点からとらえた村野建筑の豊饶な世界にせまります。
(目黒区美术馆HPより引用)

日时:2015年7月11日(土)~ 2015年9月13日(日)
   ※月曜休馆(ただし、7月20日は会馆、21日は休馆)
时间:10:00~18:00
会场:目黒区美术馆

详しくは、下记HPをご覧ください。
https://mmat.jp/exhibition/archives/ex150711
?

関连书籍
『村野藤吾の建筑 模型が语る豊饶な世界』
http://www.seigensha.com/newbook/2015/06/11123612

2015.

07.11

 |

09.13

目黒区美术馆「村野藤吾の建筑 模型が语る豊饶な世界」展

↑TOPへ戻る