イベント

京都?フィレンツェ姉妹都市提携50周年 特别展覧会
「吉冈徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」

日本人の自然観に関心を抱いてきた吉冈徳仁は、エネルギーやオーラのようなものを空间から知覚する、日本独自の自然に対する解釈とその空间性に着目してきた。「ガラスの茶室 – 光庵」は、2002年に构想された「透明な日本家屋」の建筑にはじまり、2011年に开催された第54回ヴェネツィア ビエンナーレ国际美术展 Glasstress 2011にて日本文化を象徴する茶室建筑プロジェクトとしてデザインが発表された。
2015年春、构想から5年の时を経て、京都?フィレンツェの姉妹都市提携50周年を记念して、京都の重要文化财にも指定される天台宗青莲院门迹境内、将军塚青龙殿の大舞台にて、世界で初めて本作品が完成を迎え、披露されることとなった。
(吉冈徳仁デザイン事务所HPより引用)

开催日:2015年4月9日(木)?2016年4月(未定)
会场:京都 将军塚青龙殿 京都府京都市山科区厨子奥花鸟町28
主催:青莲院门迹
共催:株式会社吉冈徳仁デザイン事务所
详细は吉冈徳仁デザイン事务所HPをご覧ください。
http://www.tokujin.com/news/

関连书籍
クリスタライズ 吉冈徳仁
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-416-5

2015.
04.09
 |
2016.
春予定

京都?フィレンツェ姉妹都市提携50周年 特别展覧会「吉冈徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

↑TOPへ戻る