Amazon.co.jp ウィジェット 动物の絵 Painting of ANIMALS 三沢厚彦 / Atsuhiko Misawa “Paintings of Animals” | 青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing, Inc. bet356体育下载_bet356博彩密码错误_bet356下载在哪里下载
コンテンポラリーアート

动物の絵 Painting of ANIMALS 三沢厚彦

Paintings of Animals / Atsuhiko Misawa

While Atsuhiko Misawa is known for his constant production of richly humorous sculptures of animals, he is also a highly accomplished painter. This is Misawa’s first collection of pictures, presenting some 250 works in all.
The animals we imagine sometimes become like characters or symbols in our minds, and these images often take on a reality that differs in various respects from the way they actually appear. Misawa, who has expressed an interest in this gap of perception, makes a lighthearted use of sparse lines and colors to realize indefinite yet endearing animal forms.
In contrast to the powerful impressions made by the sculptural works Misawa produces using traditional woodcarving methods, one senses in these drawings the relaxed focus of his perspective on animals.
Seemingly following the trajectory of this artist’s ideas on sculpture production, this collection of drawings features 400 animals in all, including cats, dogs, rabbits, frogs and geckos, as well as Misawa’s ever-popular bears.

—————

猫?犬?白熊?蛙まで…総势400匹 待望の初デッサン集 

动物の雕刻で人気の三沢厚彦の初のデッサン集。
猫、犬、クマ、鸟、蛙と人気ものごとに区分。
生きものに寄せる言叶、エッセイも掲载。

デザイナー:晴山季和

展覧会情报
2013年7月13日 三重県立美术馆
2013年10月5日 浜松市美术馆

着者プロフィール
1961年京都生まれ。东京艺术大学修士课程雕刻専攻修了。
2001年平栉田中赏。2011年より武蔵野美术大学教授。
雕刻作品集『アニマルズ』刊行。

Paintings of Animals
Atsuhiko Misawa

□ format: 210 × 150 × 20mm
□ binding: softcover
□ pag : 208 pages
□ price: 2,300 yen (JPY)

SOLD OUT

————————

动物の絵
Painting of ANIMALS
三沢厚彦

□?判型:A5
□?総页:208页
□?并制

□?ISBN:978-4-86152-402-8?C0071

サイン本はこちらから

定価:2,300円+消费税
アマゾンで本を购入
楽天ブックスで本を购入

书?评

「动物の絵」三沢厚彦―共同通信社より全国に配信中
(北海道新闻9月8日掲载)

 川上弘美さんの小説「神様」はこう始まる。

 「くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである。歩いて二十分ほどのところにある川原である」

 あの「くま」は、こんなクマ=絵=かもしれない。

 もっともこの絵を描いた三沢厚彦さんは「『私、クマ好き』、この言叶はよく耳にする。実际に出合うと怖いんだけど」と书いている。それはそうですが。

 ユーモラスな动物の木雕「アニマルズ」シリーズで人気の雕刻家の初スケッチ集。
クマをはじめ犬、猫、马、ウサギ、カンガルー、トラ、ライオン、パンダ…。彩色された絵もあれば、封筒の空きスペースにささっと描かれた作品もあるが、どれもが见事に三沢ワールドだ。

   ところどころに入るコメントも楽しい。「偶然にひかれたように感じる线も必然性をもってひかれた事に気づく」「これでいい、ということがないので面白い」などなど。

「动物の絵」三沢厚彦―日経新闻8月11日掲载

 おかしみのあるとぼけた表情でこちらを见ているクマ。ちょっぴり拟人化されたたたずまいに心が和む。着者は动物の木雕をライフワークとする雕刻家。本书には动物を描いたデッサンがたっぷり収められている。

 猫、犬、虎、カエルからはてはユニコーンまで、味わい深い线と色使いで描き出された动物たちが、知っている谁かのようにも见えてくる。生き物に向ける着者の视线の温かさが伝わる。

↑TOPへ戻る