Amazon.co.jp ウィジェット jp0205 松江泰治/”jp0205″ Taiji Matsue | 青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing, Inc. bet356体育下载_bet356博彩密码错误_bet356下载在哪里下载
写真(国内?海外)

jp0205 松江泰治

jp0205 ?Taiji Matsue

Taiji Matsue has been steadily producing flat photographic representations of large-scale earth surfaces in locations all around the world.
This volume presents the latest works in his “jp” series of aerial photographs of regions throughout Japan, focusing here on the prefectures of Aomori and Akita in northern Honshu.
Matsue’s aerial photographs suggest a “new map of Japan”, offering views not only of architectural structures, but of city scenes, rural terrain and coastlines as well.

—————

世界中の地表をフラットに切り取り、记号化すると共に个体化し、
采集を続けてきた写真家?松江泰治。
本作は日本各地を空撮で切り取る“JP”シリーズの最新作で、“JP-02”は青森県を、“JP-05”は秋田県を撮影。建筑物だけでなく、街并みや地形、海岸线など空撮という高さから撮影することで见えてくる、あたらしい日本地図。

寄稿:清水穣(美术评论家)「无限远と絶対ピント-松江泰治の空撮写真」
デザイン:秋山伸

プロフィール
1963年东京生まれ。
东京大学理学部地理学科卒业後、东京にて制作、活动中。
国内外で个展、グループ展多数。
2002年 第27回木村伊兵卫写真赏、2012年 第28回东川赏国内作家赏受赏。

関连书籍
写真分离派宣言
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-343-4

jp0205
Taiji Matsue

□ format : 300×300×15mm
□ binding : hard cover
□ page : 122pages
□ price: 6,500 yen (JPY)

---------------

jp0205 松江泰治

サイン本はこちらから

□?判型:B4変形(292×292mm)
□?総页:122页(掲载写真数110点)
□?上制本
□?和英并记
□?ISBN 978-4-86152-390-8 C0072

定価:6,500円+消费税
アマゾンで本を购入
楽天ブックスで本を购入

书?评

jp0205―キャノンフォトサークル「moments」6月号掲载

 光が辺りを均一に照らす时间帯に撮影することで、大都市や砂漠、森といった世界中のさまざまな地表をフラットにとらえてきた、写真家、松江泰治氏。
本作は、日本各地を空撮で切り撮る「jp」シリーズの最新作で、jp-02では青森県、jp-05では秋田県を撮影。
ブナ林、遗迹、堀、田园、川、住宅、工场など、その地が持つ特有の景観が、私たちに新たな知覚を与えてくれます。

jp0205 ―东京新闻、中日新闻5月19日掲载

 ビルの屋上から下を见ると、车は玩具のように、家々はジオラマのように见える。
青森?秋田両県を舞台に高度数十~数百メートルの低空から、やや斜めの角度で下界を撮影したカラー写真集。几何学模様のような街区や工场、田畑、海岸…。
视线と视野によって风景はダイレクトに変貌する。写真は秋田県象泻の水田风景。もとは多岛海だったという。

松江泰治 jp0205―コマーシャルフォト6月号掲载

空撮で日本の地表を撮影するJPシリーズによる2作目の写真集の舞台は青森県、秋田県。
天候、光、构図など厳密なルールで画面から奥行きを排除したフラットな写真から
土地特有の地形や自然の中で育まれた人の営みがクリアに见えてくる。

第25回「写真の会」赏受赏―2013/5/13

http://shashin-no-kai.com/info/130513.html

松江泰治 jp0205―美术手帖5月号

おそるべき解像度と絶妙な高度で地表を撮影する「JP」シリーズの最新写真集。
撮影地は青森県と秋田県で、それぞれの写真を左右両开き仕様で序列を设けずに记録。
オールオーバーの构図、地平线や水平线の排除、均一な光といったルールは変わらず彻底されており、すべての视覚情报が等価に袭ってくる感覚はかなり强烈。
デジタル技术の进歩とともに、非人间的な视覚に近付いていく松江の探求が、末恐ろしくもある。清水穣のテキストでは、ストレート?フォトグラフィーが追及した疑似的にシャープな「ピント」と、肉眼の错乱をまったく许さない松江泰治の「絶対ピント」の违いを鲜やかに解説する。

↑TOPへ戻る