Amazon.co.jp ウィジェット 北斎漫画 第一巻 / Hokusai MANGA vol.1 | 青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing, Inc. bet356体育下载_bet356博彩密码错误_bet356下载在哪里下载
ビジュアル文库

北斎漫画 第一巻

Hokusai MANGA vol.1

天才?葛饰北斎の魅力のすべてが凝缩された
世纪のベストセラー「北斎漫画」待望の文库化!

现代より遡ること200年。江戸末期刊行の歴史的ロングセラー?『北斎漫画』(全15编)を文库サイズに再编集する全三巻のシリーズ。

第一巻は「江戸百态」として?市井に暮らす人々の姿や风俗?生活用具や建物など?江戸の日常を描いた図版を総集。「人物絵监」「日常茶饭」「动态活写」「道具百科」の4つのカテゴリーで构成。北斎に学ぶ?现代の絵手本帖としての魅力を最大限に引き出します。
後世の「MANGA」大国に?多大な影响を见せる戯画的表现や?4コマ割?ストーリーを感じさせる动的描写が満载。
テーマ?モチーフ?描法と?北斎の「すべて」が凝缩された?待望のシリーズ第一巻!


解説:永田生慈(すみだ北斎美术馆)
一巻:コラム 会田诚(美术家)
二巻:コラム しりあがり寿
三巻:特别寄稿 横尾忠则

アートディレクション:祖父江慎

—————

For manga enthusiasts, a feast for the eyes!
?
In 1814 the ukiyo-e artist Katsushika Hokusai published a handbook of sketches titled?Hokusai manga. Fourteen more volumes followed over the next decades, for a series totaling more than 4,000 illustrations over 970 pages; not only did the publication surpass its initial ambitions to serve as a reference for aspiring artists, it grew into a bestseller and enduring favorite. Now available in a compact and reorganized but complete modern reprint, the sketches present in concentrated form all the themes, motifs, and drawing techniques to be found in Hokusai’s art. Delight in the spirited and richly narrative caricatures, satirical drawings, and multiple-panel “comic strips,” and you’ll surely understand why this landmark body of work is considered one of the roots of today’s manga.
?
Volume 1,?The Life and Manners of the Day, brings together depictions of life in Edo-period Japan, from people and mores right down to daily household articles.


関连书籍
『北斎漫画 第二巻』
『北斎漫画 第三巻』
『北斎漫画 BOX』

北斎漫画 第一巻

□ 判型:A6判(文库判)
□ 総页:総352页
□ 并制
□ ISBN 978-4-86152-280-2 C2071

?

●English Page

?

?

定価:1,500円+消费税
アマゾンで本を购入
楽天ブックスで本を购入

书?评

読売新闻 ―2011/6/12 掲载

田舎亲父の寄り合い风情、疲れた母亲の昼寝顔、风に裾を煽られて困る娘の後ろ姿など、当时実存したに违いない人と场面のあらゆるリアリティを一図のなかに完璧に闭じこめているから、一コマ漫画にも通じている。「さまざまのかたち、けはい、さながらいきてはたらくかとぞおぼゆる」、と江戸の狂歌师?六树园(石川雅望)が序文で褒める通り、今日の目にも、人间の気配、交わる姿はきびきびと生动するのである。ゆるく分类され、一ページにぎっしりと描きこまれた略笔の人物図には、无数の小さな物语が宿っているように感じる。ページの上を流れる目は、ある人物の仕草で止まり、逆行し、なぞるように眺め直す运动を缲り返している。読书の感覚によく似ている。 『北斎漫画』は、日本の书物としてもっても早い时期に欧州へ渡り、绍介されている(シーボルトの『日本』、1832年刊)。ジャポニズムの起爆剤としてフルに働いた、「世界文学」でもある。

(ロバート?キャンベル氏 掲载记事より抜粋)

↑TOPへ戻る