スタッフブログ

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

2013.05.24?営业部 TAKE

『気持ちのいい圣地 関西编』が発売となり、
本をお届けする立场として改めて考えること…そもそも“気持ちのいい圣地”とは??
今いちど原点に戻り、掲载スポットを访问。その感覚を身を持って再认识しよう。
そんな思いから、青幻舎スタッフが実际に行く「空间快楽」体感レポートです。

前回の白须神社に引き続き、スタッフ体験谈第二回目です!
今回は、奈良の天乃石立神社(あまのいわたてじんじゃ)と锅仓渓(なべくらけい)に行ってまいりました。
圣地初心者ですが、思い切って车でしか行けないような所をチョイスしてみました。

まず目指すは、柳生の“天乃石立神社”(一刀石が有名)です。
ゴールデンウイーク中でしたが山道は空いており京都から奈良の柳生へ、くねくね长い山道を运転すること2时间。
ナビを手挂かりに向かったのですが何処まで车で侵入できるのか分からず、
とりあえず近くの芳徳寺の市営驻车场に车を停めました。

标识にしたがって登って行くと、途中で霊园、さらに进むと茶畑があり、その奥にやっと鸟居が见えてきます。
结构、体力がいります…!

<林道の中から现れた鸟居>

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

鸟居を抜けると、まず目に入ってきたのが、渓谷を埋め尽くす巨石の块です。
この先に一体どんな景色が広がっているのか、ドキドキしながら、さらに进むと、见えてきました。

<ご神体の巨石>

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

これが、一刀石!?
と思ったら、「一刀石まで50m」の标识が。
违ったようです。
しかし、この巨石はいったいどうしてこんなに絶妙な隙间と角度で地面に刺さっているのでしょうか。
自然の物なのに、何かしらの意识を持って配置されているような不思议な巨石たち。とにかく不思议です。

そこから、さらに奥へ进むと木々の间から一刀石が现れました。

<巨大な一刀石>

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

柳生新阴流の始祖?柳生宗厳が修行のためこの谷に分け入ったところ天狗と出合い、剣の修业をしていたそうです。
天狗を切ったと思い见てみるとそこには、真っ二つにわれた、この一刀石があったそうな。

もっと近くで见ようとしましたが、周り一面がぬかるんでいて近寄れません。
神圣な场所だからこれ以上は近寄るな、ということでしょうか。

****

お昼を挟んで、お次は山添村の神野山にある“锅仓渓(なべくらけい)”を目指します。
県立自然公园神野山に向かって、275号线から驻车场に车を停めます。
そこからすぐに桥があり、その下には、川のかわりに黒い岩石がごろごろと连なっていました。

<川のような流れのある巨石群>

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

写真では川底の石のように见えますが、実际に目の前にすると岩自体がかなり大きいです!
それが、500m以上も続いているのは圧巻です。
整备されたルートがあったので、标识に従い山顶目指し歩いてみることに。
すると、山道の中腹で、またまた巨石を発见!

<道中もあちこちに巨石がごろごろ>

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

火山岩の一种のようですが、これだけの量が凝缩されていると、人口的な意図があるようにも感じ、本当に不思议です。
山顶までは、そんなにかからず家族で登るにはちょうど良い缓やかさでした。

【今回の圣地巡りで感じた事】
?车で行く场合、迷ったりしますがそれも醍醐味!
?想像以上に巨石が大迫力
?道中の自然に癒されます

<天乃石立神社までの道中>

空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その2

最近、暑くなってきましたね。
次回は、水のある凉やかな场所に行ってみたいと思います!

つづく…

☆「空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その1」を読む
☆「空间快楽案内 気持ちのいい圣地 スタッフ体験编 その3」を読む

圣地を厳选50件绍介!
「空间快楽案内 気持ちのいい圣地 関西编」详しくはこちら
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-391-5

↑TOPへ戻る