スタッフブログ

石内都写真展、2会场で同时开催中。来夏にはドキュメンタリー映画が公开予定!

2012.12.18?编集部

现在、丸亀市猪熊弦一郎现代美术馆で、「石内都 绢の梦」展が开催中です。これに合わせて、同名の作品集が発売となりました。


作品集「绢の梦」

1979年に木村伊兵卫赏を受赏、2005年には母亲の遗品を写した「Mother’s」でヴェネツィア?ビエンナーレ日本代表に选出されるなど、国内外で高い评価を得る写真家、石内都さん。
彼女がとあるきっかけから目を向けたのが、绢でした。
広岛の被爆资料のワンピースなどを撮った代表作「ひろしま」を制作するなかで接した数多の绢织物。
そこから彼女の视点は、绢産业やそれを支えた女性たち、そして绢の名産地であった彼女の故郷?桐生へと広がっていきます。

展覧会では、彼女がこれまでさまざまな表情に撮り下ろした「绢」が出展されています。
作品の魅力は、単に见た目の美しさだけに留まりません。
大正から昭和にかけて、高価で手の届かなかった绢を身近に着られる喜びをもたらした「铭仙」。
その写真からは、近代化が进む日本でファッションを楽しんだ女性、その背景にあった绢産业など、绢にまつわる过去と现実を垣间见ることができるのです。
色彩や风合いを目で味わいながら、人の営みが感じられるところに作品の力が强く伝わってきます。
作品集はA4の大サイズ。その力强さにふれていただけることと思います。






また同时に、カナダ大使馆高円宫记念ギャラリーでは「石内都 ひろしま hiroshima via Vancouver」が开催中。
「ひろしま」のシリーズより14作品が展示されています。
会期はいずれも1月初旬まで。
「绢の梦」展は、1/1~1/6に和服で来馆すれば観覧无料になる特典が。その他イベントも多数予定されています。
松の内、着物できりっと気持ちを引き缔め、作品と向き合うのも素敌ですね。

さらに。
2011年10月にブリティッシュ?コロンビア大学人类学博物馆で开催された「ひろしま hiroshima」(「ひろしま」シリーズから48点を厳选)の様子を追ったドキュメンタリー映画「ひろしま 石内都?遗されたものたち」は、第13回フィルメックス特别招待作品として先日上映されたばかりです。
2013年夏には、岩波ホールほか全国顺次公开される予定。こちらも楽しみです。(KAWA)


●「石内都 绢の梦」展
会期:2012年10月7日(日)~2013年1月6日(日)
场所:丸亀市猪熊源一郎现代美术馆
详细はこちら→http://mimoca.org/ja/

●「石内都 ひろしま hiroshima via Vancouver」展
会期:2012年12月7日(金) ~ 2013年1月9日(水)
场所:カナダ大使馆高円宫记念ギャラリー
详细はこちら→
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/events-evenements/gallery-20121126-galerie.aspx?lang=jpn&view=d

※年末年始の休馆日など、事前にご确认ください。



作品集「石内都 绢の梦」

?

↑TOPへ戻る