スタッフブログ

棚田康司 たちのぼる。展
公式カタログ絶賛発売中です!

2012.10.29?编集部

今月、たちのぼる。展の开催に合わせて、公式カタログを兼ねた作品集が発売となりました。
表纸には、天を仰ぐ少女。
里表纸には、左方に目をやる少年。
これらは、「たかおかみ」「くらおかみ」という作品です。


<表表纸:たかおかみ 里表纸:くらおかみ>

「たかおかみは山に雨を降らす神で、少年の姿。くらおかみは谷に雨を降らす神で、少女の姿。少年少女というモチーフは、人と神のあいだ、大人と子供のあいだ、家族と社会のあいだ…そのような境界线に伫むものとしての象徴。」『たちのぼる。』より

棚田さんが手がける题材は、一贯して少年少女。
もう子どもではないけれど、まだ大人でもない、暧昧な境界线に漂う存在をテーマとされているのです。
「たかおかみ」「くらおかみ」は、そんな棚田さんの底意を顕着に表した作品のように感じられます。

一度见たら忘れられない独特の存在感。その魅力に间违いなく多くのファンがとりつかれています。
棚田さんは、90年代から现在に至るまで、个展?グループ展含め、势力的に作品を発表されてきました。
本展覧会では、初期の作品から新作、制作过程のスケッチなど、一连の作品が网罗されています。
公式カタログは、棚田さんの制作史を俯瞰できる一书と言えるでしょう。

すべて一本木から掘り起こされたという、浑身の作品群。
大きさや木肌の质感、色彩……実际に向き合ってこそ、その力を感じられるはず。
そして、まさに今この时期、国内2か所で展覧会が开かれています。
ひとつは表题の通り、たちのぼる。展。
もうひとつは、新泻県立万代岛美术馆で开催中のジパング展。
こちらは、日本の现代美术、新进気鋭の作家31名の代表作を一挙公开するという内容です。
またとないこのチャンス、お见逃しのないよう。(kawa)


<ジパング図録も好评発売中>


●たちのぼる。展
会期:9月16日(日)~11月25日(日)
开馆时间:10:00~18:00 
?会场:练马区立美术馆(2013年に伊丹市立美术馆へ巡回予定)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/tanada2012.html

●「ジパング展 ~沸腾する日本の现代アート~」
会期:10月6日(土)~12月2日(日)
开馆时间:10:00~18:00
会场:新泻県立万代岛美术馆

http://zipangu.org/

↑TOPへ戻る