スタッフブログ

古贺絵里子写真集『浅草善哉』 印刷立ち会いに行ってきました。

2011.12.15?编集部 森

 古贺絵里子写真集『浅草善哉』印刷立ち会いのため、
図书印刷沼津工场に古贺さん、デザイナーの町口景さんとお邪魔してきました。

 当日はとても良いお天気で、沼津へ向かう新干线の中から富士山がくっきり。
「富士山が见える日の印刷は絶対にうまくいく」という景さんの言叶に、
古贺さんと二人、最初からテンションは上がりっぱなしです。

 朝10时、印刷开始。

まずカバー。古贺さんが6年间撮り続けた二人、
善さんとはなさんが寄り添っている写真を使っています。

帯。本表纸と同じく、元気の出るパワフルな黄色です。
じっくりと确かめる古贺さん。

 

本表纸。凹凸のある用纸を使っているので、
どれひとつとして同じ风合いのものはありません。

OKが出ると、それぞれにチェックを入れます。

 

本文ページの印刷开始。

印刷が终わり、乾燥させるために
寝かされている未来のページたち。

 

 

2日间かけて全ページの确认が无事终了!

あとは制本を待つのみです。12月下旬には书店さんに并びますので、ぜひお手に取ってみてくださいね! また、古贺さんと景さんと3人で池袋コミュニティカレッジの连続讲座「写真家?デザイナー?编集者による写真集编集会议」に出演し、今回の写真集が出来るまでのお话をさせていただきます。まだ受付中ですので、みなさまぜひお越しください。こちらには书ききれない古贺さんの6年间や、ブックデザインについて、また、写真家さんとの出会いから1册の本が出来るまでを、直接みなさんにお伝え出来ればと考えています。 ご参加をお待ちしています。

 

 

 

池袋コミュニティカレッジ
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_559353.html

古贺絵里子
http://kogaeriko.com/

bookshopM(マッチアンドカンパニー)
http://bookshop-m.com/

 

 

*おまけ1*
工场から徒歩5分、防波堤を越えるとずどんと広がる海岸线!
うしろには富士山が控えていて、とっても良い环境です。

*おまけ2*
帯を体に巻き、本の気持ちを体感する景さん。
 

↑TOPへ戻る